飛行機好きの " つぶやき"

2010年12月

毎年同じ様な気持ちになるが過ぎてしまえば1年はアッという間に終わってしまったなぁ~と感じる。
今年撮った飛行機をざっと振り返ると、2010年は民間機の方が沢山撮ったという印象が強い。

一年間を軽くプレビューしてみます。

イメージ 1
今年は元旦から友人と連れ立って 富士山静岡空港へ初撮りに出かけた。風が強くて、晴れているにもかかわらず、風上の雲から雪が舞って来るという厳しい気象条件下での撮り初めになった。
経営再建中のJALは、静岡路線から撤退してしまったので、この時に撮っておいて良かった。

イメージ 2
2月9日、成田空港にAn-225が飛来した。平日にも関わらず、夜明け前からビックリする程沢山の人が撮影しに来ていた。

イメージ 8
3月11日、百里基地の一角に「茨城空港」が開港した! 今年の春先は天気の悪い日が多かったが、この開港日は終日晴天で撮影日和になってくれた。記念すべき初便は唯一の国内便 SKYMARK。
イメージ 9
夕方遅くには、ご祝儀でJALのハワイチャーター便が到着。関東圏では考えられない程 外柵からR/Wまでの距離が近い飛行場となった。でも便数がネ・・・・

イメージ 10
4月9日、海外から自衛隊のファントム他を撮影しにやってくる友人達を出迎えに 珍しく電車で成田空港へ行き、たまにはターミナルのデッキから撮ってみることにした。ちょうど桜が咲いている時期だった。JAL CARGOと桜を絡めたショットはこれが最後だろう。。。

イメージ 11
4月15日、カナダ&イギリスからの友人達と九州へ一緒に出かけて鹿屋、新田原、築城と回り、新しい北九州空港から初めてスターフライヤーに乗った!

イメージ 12
5月22日、別な目的で 出雲空港へ初めて行った。本来行くべき人が前後の都合で行けなく成り、代わりに行く事になったのだが、その人から渡された羽田から米子空港行きANAのチケットで行き、バスを乗り継いで米子空港 ー 松江駅 ー 出雲空港 という無駄な移動でたどり着いた出雲空港は、とってもへんぴな所だった。

イメージ 13
6月21日、今度はセントレアにAn-225が来るという話があり 日帰りで出かけて来た。成田と違って海上空港のセントレアは、撮影出来る場所が展望デッキに限られるので、見物人、撮影に来た人、マスメディアも合わせて総勢300人程度?が展望デッキの先端に集結した。14:04に到着したので、程よい曇り空に救われた。

イメージ 14
7月27日、羽田空港に10月から4本目のD滑走路が供用開始されると これまでと離着陸のパターンが変わるらしいという噂があり、南風時のR/W16 APP がほとんど無くなるという話を耳にした。
5月の連休あたりから 朝から南風で晴れている日は、できるだけ城南島へ行き、R/W16に捻り込んで降りて来る機体を撮影に行った。JALはB747、MD-81、-90、A300といった機種を退役させる計画だし、この夏は羽田通いがこれまでに経験した事が無い程多く成った。

イメージ 15
8月28日、羽田へせっせと通い始めて、ある時P-3の屋上から超望遠で背景にビル群やフジTV、お台場の観覧車等を取込んで R/W16の着陸が撮れる事に気が付いた。朝から南風でR/W16 APP を城南島から撮影し始めて、夕方17時過ぎ頃にカゲロウの影響が出なく成るまで 待って、日没後まで↑な絵を狙っていると羽田空港周辺に10~11時間も滞在する事になってしまう。今年は記録的な猛暑だったので暑さとの厳しい戦いだったが、R/W16 APPで降りる  JAL  ANA のB747はこの夏を逃したらもうチャンスは無くなるんだと自分に言い聞かせて、暑さに負けず炎天下での撮影に集中した。   学生時代から ひがな1日真夏の飛行場周辺で過ごして来た経験があるので、撮影さえしていれば熱中症になんぞかからない。
何もしないでただ、炎天下にいたならば、たぶん具合が悪く成ってしまうだろうケドね(笑)

イメージ 3
9月14日、この日は城南島に朝到着したらすっかり曇ってしまい、R/W16の着陸を撮っていたら、やがて34に変わってしまった。ツキが無い1日だなぁ~と思っていたが、仕方なく場所を移動して離陸を撮っていたら、晴れて来て 空気中に残っている水分が時折↑のようなベイパートレールとなってくれた。

イメージ 4
10月11日、韓国の米軍基地オーサン ABの一般公開へ出かけたついでに、余分にもう1日滞在して金浦空港での撮影に望んでみたが天気は最悪、おまけに月曜日はオブザーベーションエリアがお休みと来たもんだ。。。ちょいと工夫して1時間ちょっとだけ撮影して切り上げた。

イメージ 6
11月13日夜、APEC横浜 首脳会議に参加したオバマ大統領のAir Force Oneとバックアップ機
SAM 29000の夜景が羽田で撮れた。本当はもっと近くから撮りたかった。

イメージ 5
11月14日、同じくAPEC横浜 首脳会議に参加した韓国 イ・ミョンバク大統領のB744を撮る事が出来た。
 
イメージ 7
12月4日、夜明け前の成田空港にAPP中のTG   B744。

夏の間は羽田へ通い詰めていたので、今年は成田での撮影回数がだいぶ減ってしまった。

しかし、羽田では真夏の入道雲を背景に離着陸する A300、MD-90 や JAL   ANA のB744をできるだけ多く記録出来たのは愉しかった。おかげで成田だけでなく、軍用機の撮影も 今年はかなり少ない1年になってしまった。

2011年は記念すべき アメリカ海軍航空100周年なので今年とは全く違う方向性の年になるでしょう。

半年も足が遠のいてしまった成田へ晴天に誘われて土曜日行って来た。
Bランの延長後に何度か行ったけれど、この半年で様々な会社の使用機材が変わったりしており新鮮味の感じられる撮影になった。

イメージ 1
オープン間もない 日の出前 に降りてしまったタイ HS-TGN

イメージ 2
自分が成田へ撮影に行かなくなって 間もなく 成田へ就航を開始していたルフトのA380。
年が明けないうちに、なんとか1回は撮れた~エアフラA380も しかり。

イメージ 4
昼に一時的にR/W16にチェンジ。相変わらず低い上がりのSpeed Bird。
イメージ 5


イメージ 6
UAとの合併で今後はカラーリングやロゴの変更が予想されるコンチのB764。今まで撮った中で一番低い離陸だった。この季節は、やはりR/W16の方が 日当り抜群で、さぁこれから!と思ったら13時過ぎに再びR/W34に戻されてしまい、再度移動。。。成田は良くランチェンしますよね~

イメージ 7
以前は好きなA342で成田へ来ていたのに、あまりフォトジェニックではないB773になってしまった
エジプト。この機材で新塗装は初撮り。この塗装のA340が撮りたい!

イメージ 8
エジプトと同様にA343から機材変更されてしまったトルコ。B773は何度か撮ったけど、A330のトルコはたぶん初めて撮ったと思う。長距離便だけあって、他のアジア諸国のA330よりは、やや低く上がって来た感じ。でも、やっぱりA340の超低い上がりにはかなわない。

イメージ 9
これも初めてだと思うシンセンのA320。機材と航続距離の割には案外低かったのでラッキー!

イメージ 10
この日自分が当たった唯一のスペマー機 キャセイの one world  A330。

イメージ 11
めっきり少なくなってしまったA340だけど、夕方上がったタヒチは健在でした。

イメージ 3
到着は日の出前で、出発は日没ギリギリになってしまったメヒコのB763。コレが上がる直前に着陸機にマイナートラブルがあったようで、一時R/Wクローズになってしまい、沈む太陽と上がる機体の際どいせめぎ合いになってハラハラさせられたけれど、何とか最後の夕日を浴びた姿が撮れた。
終日快晴でも16:20で もう お仕舞い、日没が最も早いこの季節の夕方は切ないデス。

終日Aランにいた事もあるんだろうけれど、この日は JAL  ANA系のB747が1機も撮れなかった。
NCAのB744Fは2~3機撮れたけれど、旅客型のB747はA340同様に、めっきり減ってしまったと実感した1日でもありました。

このページのトップヘ