飛行機好きの " つぶやき"

2014年05月

TBS テレビ等で、昨日の予行から中継されていて、国立競技場の最後を飾るイベントに航空自衛隊のブルーインパルスが参加する事は広く知られていた。夕方 4回上空通過を実施してフィナーレに華を添えた。

昨日の事前訓練には行かれなかったので、今日本番1発勝負で国立競技場へ向かった。

イメージ 1

15時10分頃 国立競技場に着いて、当日券がまだ発売されていたので 購入してスタンドへ上がった。
競技場の周辺にもカメラを持った『いかにもブルー目当て』で来ている人が大勢居た。

順番が逆に成るが、先ずは本命のブルーから

イメージ 2
17:35 予定通り 北の方からデルタ隊形で6機のT-4ブルーが進入して来た。

イメージ 3
スタンドの最上段にも多くの人々が、ブルーの Fly overを撮影に押し掛けていた。

予定は17:35~17:45で 4回パスすると発表されていたので、時間的にみて
北からパスしたら、次は南からと 交互に4回だと推測。

イメージ 4

17:37 やはりターンして南から北へとスワンに編隊を組み替えて通過

イメージ 5

17:40に北から南へと グランドクロスでパス (割愛)

イメージ 6

17:42 最後は南から北へ リーダーズベネフィットでパスして 無事に終了。

当初は400mの高度を想定していたらしいが、今日は600mでパスしたようだ。
昨日のコースはもっと真上通過だったのだろうか? 今日は国立競技場よりも少し東側を通過した。
自分は幸い北西側のスタンドにポジション取りしたので、あまり悪影響はなかったが、聖火台がある東側のスタンドで、「聖火台を入れてワイドで狙う」と私の予備レンズ EF17-40mmを持って行ったT氏は、予想よりもかなり東側にズレて飛行されて 目論みが大きくハズレたと 事後こぼしていた。

飛行場以外の、こうしたイベントでの通過やフライパスは、その日、その時、何処で待ち 何ミリで撮るか? 選択が非常に難しくて、一喜一憂させられる。

昨年国体の開会式で、味の素スタジアムで同様のブルーを撮りに行ったときは、自分としては
消化不良に終わったので、今日の結果でT氏が落ち込む気持ちは良く理解出来る。

味スタでは、今イチの結果に終わったが、今日は¥1500のチケットを買って入場して正解だった。

日本サッカーを支えて来たプレイヤー達のレジェンドマッチも見られたしネ。

イメージ 7
北沢#8と宮本#5まだ比較的若い2人なので わりかし本気モード?

イメージ 8
試合後レーストラックを歩いてサポーター達に手を振ってファンサービスも怠らない。

イメージ 9
カリオカコ-ルを浴びて気持ち良さげにプレーしていたラモス瑠偉#10

イメージ 10
夜の TBS テレビでも目立っていた ゴン中山、ブルーチーム唯一の得点は彼のゴンゴールだった。

30年ほど前、初めて小松基地へ撮影に出かけた時に撮れた、地元小松の306飛行隊のファントムは戦技競技会用の迷彩を身にまとい渋くてカッコ良かった。

イメージ 1

クルーのフライトスーツがオレンジ色しているのが、時代を感じさせる。

イメージ 2

迷彩にしているのにデカイ日の丸はそのままで、いいんかい?

ノースアメリカン T-2 buckeye  すでに2008年で現役引退してしまったユニークな形状をしたアメリカ海軍のジェット練習機。

イメージ 1
1995年9月16日 Amarillo Airport , TX    T-2C  A #948 / 158591   VT-23  

ニューメキシコ州へ向かう為に、テキサスの北西はずれアマリロ空港まで飛んで、レンタカーに乗り換えた。すると空港の一角に 海軍のT-2Cが止め置かれていたので、折角だから撮影してからロズウエルへと移動した。おそらくクロスカントリー訓練で NAS Meridianから飛来したものだろう。

T-2D でベネズエラへ12機、T-2Eでギリシャへ40機輸出されたバージョンがあるらしいが、海軍の不格好な練習機という印象しか残って居ない。

H-3といえば、真っ先に思い浮かぶのは海軍の対潜・救難ヘリ SH-3 シリーズ Seaking 。

イメージ 1
1987年5月7日 ANDREWS  AFB     CH-3E   63-9691   89AW  

同じH-3の名が与えられているが、空軍と沿岸警備隊(USCG)が採用したのはシコルスキー
S-61R の軍用型で前者が全長 16.69m  後者は22.3mと大きさが随分違う。
空軍では写真の長距離兵員・要人輸送型 CH-3Eと捜索・救難型 HH-3E ジョリーグリーン・ジャイアントが採用された。沖縄の嘉手納や韓国のたぶんOSAN AB にもHH-3Eが配備されていた時期があった。
USCGでは HH-3F ペリカンが数カ所に配備されていた。

映画『TOP GUN』でマベリック&グースの乗ったF-14Aが、ファロン近郊の砂漠にあるレンジでACM訓練中にエンジン2発停止、フラットスピンに入って墜落すると、なぜかそこは海だった(爆笑)そして USCGのペリカンが2人を救出にやって来る。


Boeing 727-100の軍用型、アメリカ空軍が中距離人員輸送機として採用したのがC-22。
A型ははFAAで活躍し、B型はAir National Guard で主に使われた。

イメージ 1
C-22B    83-4615    Headquarters Air National Guarde Bureau   USAF   

このページのトップヘ