飛行機好きの " つぶやき"

2015年03月

マレーシア海軍501Squadron のSurer Lynx Mk100 の5号機と6号機が、今回は撮れた。

まずはLIMAメイン会場のLangkawi INTLで撮影したM501-6 を2枚

イメージ 1
3月13日(金) たぶんこの日、ホームベースからランカウイへ移動して来た時のもの。

イメージ 2
ヘリコプターランプの端っこに駐機している姿。

空港から南へ車で 約20分ほど行った Port Malai で、マリタイムデモがほとんど毎日夕方実施され、その日によって若干実施時間が異なるので、飛行機のデモが終わって、マリタイムデモまでの間が、1時間以上あればなんとか掛け持ちも可能。近いけれど、道が狭いので渋滞してしまうとアウトになる事も考えられるので、いついくか?判断は結構難しい。

3月16日(月)の総合リハーサルの日に行ってみたら、16時からの予定が1時間繰り下げられていて、現地でしばし待つ事になってしまった~

イメージ 3
それでも、夕方は光線状態も良好で バッチリ撮れるので1度は足を運びたい。この日マリタイムデモへやって来たのはM501-5

イメージ 4
独特のガニ又メインギヤが ユーモラス

イメージ 5
窓からこっちを覗き込んでいるのは、この後ロープを伝って 乗っ取られた船へと降りて行くスペシャルフォースか?

イメージ 6

LIMA開催中には早朝と夕方マレーシア空軍 TENTARA UDARA DIRAJA  MALAYSIA = TUDM のC-130H-30が頻繁に離着陸する。
おそらくクアラルンプールとランカウイの間で人員輸送が主な目的だと思われる。

3月18(水)、19(木) の夕方 R/W21を離陸するハークを少し

イメージ 1
M30-10
イメージ 2
M30-10

イメージ 3
M30-16

イメージ 4
M30-04

イメージ 5
M30-05

夕方 カゲロウが収まってからの時間帯なら 長胴型ハークの低い離陸を地上の風景を絡めて撮影する事もできる。日中の まだ暑い時間帯だとメラが酷くて まるで写真に成りません。

この時間まで 連日粘っていると 次第に体力を消耗してゆくが、せっかく金・時間・手間を掛けて異国の地へ出かけたのだから、普段のゴミゴミした景色と異なる、それなりの雰囲気を写し込んで来ないと。

今年のLIMA2015に参加した P-8A LN #439   VP-45  USN

イメージ 1
Langkawi  INTL  R/W21 End     22  MAR  2015  

イメージ 2
P-3C LN #610   VP-45   USN      31  MAR  2013  
Langkawi  INTL  R/W21 End 

2年に一度開催される LIMA に2開催連続で VP-45が参加、しかし
P-3CからP-8Aへとこの2年間で機種がアップグレードされていた。
わずか2年でも確実に時の流れを実感させられる。
VP-45は終了後、翌日の日曜午前中にP-3、P-8共に帰投(RODN)へ


昨日でLIMA2015は無事終了、最終日21日(土)は生憎の曇りがちな空模様とフライトディスプレーが少なめで今ひとつ盛り上がりに欠けた最終日だった。

AM
1)F-16C  WW  PACAF DEMO TEAM
2)F-16C x 2 Black Knights
3)J-10 x 6  AUGUST 1ST
4)Su-30MKM  ソロ

PM
1)MB339 x 7   AL FURSAN  
2)RAFALE ソロ
3)Su-30MKM ソロ

これで最終日のフライトはおしまい。A380のFly Pass は無かったし、GRIPENも飛ばなかったし・・・
イメージ 1

2年前は朝夕の人員輸送に使われており、撮影チャンスが多々あったシーキング、今回はデジタル迷彩?こんな塗装に変身していた上に動きがほとんどなく、置き1度、最終日朝のポジションチェンジに自力でホバーしたものくらいしか撮れなかったのは大変残念。


イメージ 2

アジア通のUNI君に今朝あったら、中国チームを『バー・イー』と呼んでいた。以前彼がモスクワで見た時に比べたら6機でのループ最中にバラバラに崩れた編隊が、奇麗に整うように進歩していたそうだ。今日は天気が冴えなかったおかげでカゲロウがあまり出なかったから、ドラッグシュートの絵を狙ってみた。

イメージ 3
最初のリハーサルを見た時よりは、印象が上がったUAEのチーム AL  FURSAN だけれど、これも本家フレッチェのパクリでしょ? ソロのクレージーフライト。

天気・内容共に冴え無い最終日となったけれど、空港の外周から帰りの機体を狙えるのもLIMAの楽しみのうち。今日はどんなドラマが待っているだろうか・・・・

昨日は、終わった後にブランニューのA400Mが 18:45に帰ってしまった。。。

いよいよ17日(火)から始まるLIMA2015、日増しに撮影する人数も増えて来たが、まだ長期休暇が取り易い欧州人が圧倒的に多い。有給休暇が長くは取れない真面目な日本人は水曜日、木曜日辺りから一気に増えて来るでしょう。

開幕前日の昨日、1時間程 展示会場になるランプ地区への立ち入りが許可されて100数十人という大所帯でMedia Tourが実施された。

イメージ 4
キャノピーのカバーはなんとかしてくれよ~!

イメージ 5

国際航空ショーらしい多彩な機種が会場に並び始めた。

イメージ 1
残念ながら今日のリハーサルは無しだった中国空軍のAUGUST 1st  J-10。
トーイングカーならぬ 芝刈り機みたいに小さな機材でJ-10を移動させていた。
こんなもの初めて見たなぁ~、異文化コミュニケーション!

イメージ 2
12:24に 最初の編隊は#1、#2、#3の3機編隊で離陸。この第二編隊は、#4、#7、#8の3機編隊で離陸し、どうやら参加をキャンセルして帰国の途に着いたようなインドネシア空軍 KT-1B   JUPITER AEROBATIC TEAM。幸い4人のパイロット及び地上での死者は出なかった模様。マレーシア空軍、インドネシア空軍合同で事故調査チームが編成されて、空中接触事故の原因が調べられるようです。

イメージ 3
昨日は夕方、空港から20分ほどのドライブで移動出来る南部のマリタイム・デモ フルリハーサルに行ってみた。というのも、土・日・月と晴れが3日間続いたが、昨日のMedia Centerで見た週間天気予報が、火曜日後半から土曜日まで芳しく無いのだ。これからLIMAへ来る方、雨具の用意はしっかりとネ。

また、Hotelの脆弱なWifiのせいで画像が一部アップロードされていないかもしれない。。。。そろそろ寝ないとマズイので、欠品は後で足します。

このページのトップヘ