飛行機好きの " つぶやき"

2017年08月

陸上自衛隊の駐屯地祭等に 今年はいまだ出かけていないので、2017年に撮影したアパッチは まだコレ1機のみ

イメージ 1
AH-64D  01-2067   120Sqn   RSI AF
19  MAR  2017    WMKL
イメージ 2

3月の LIMA'17に地上展示されたシンガポール空軍のAH-64D
19日(日)の午後 R/W03にストレートで降りて来たので 落ち着いて着陸が撮れたが、残念ながら薄日。

イメージ 3
地上展示は柵が非常にタイトで20mmでコレ 22日(水)
後方には同じくシンガポールから参加したF-15SGやオーストラリア空軍のC-17Aの姿も。


イメージ 4
エアショー終了後、帰投は27日月曜日の朝だった。
R/W21の " C " インターセクションからラインナップ
イメージ 5
500mm フルサイズでノートリ

イメージ 6
滑走路からの離陸で ヘリにしては結構走ってしまい尾輪しか浮かず。行きと帰りは増槽が付いて ロケット弾ポッド等は外されている。
支援のC-130で輸送したのでしょうネ。

約10日間 関東の米軍機マニアを悩ませた 海兵隊のバイパー&ベノムが横田基地から姿を消したと思ったら、今度は US ARMY の AH-64D Apache longbowが現れたとの事。今日の午後の段階で4機が確認されているそうだ。


9月8日~25日まで東富士演習場・王城寺原 等で行なわれる日米共同訓練 "オリエントシールド” へ参加が目的のようだ。



お隣の在韓米軍にはAH-64Dが配備されているので、空軍のOSAN AB  Air Power Day の CSAR DEMOに 2009年、2010年と2年連続で参加したカットから

イメージ 1
AH-64D   06-07023     21  OCT  2009    RKSO

イメージ 2
AH-64D  06-07026    21  OCT  2009    RKSO

2009年のAir Power Day は晴天下で実施されたが、アパッチの出番での機動はややおとなしめだった。


イメージ 3
AH-64D  06-07026 & CH-47D  88-0083   
-9  OCT  2010   RKSO

イメージ 4
AH-64D  06-07026     -9  OCT  2010    RKSO  

イメージ 5
AH-64D  06-07023 ,  06-07026   10  OCT  2010    RKSO

10年10月10日と10並びだった日曜日は晴れているもののガスっていて抜けが悪かった~

イメージ 6
AH-64D  06-07026    10  OCT  2010    RKSO

この年は要救出者のピックアアップに向かうCH-47Dを2機のアパッチがエアカバーして、機動も軽快だった。

イメージ 7
AH-64D  06-07023     10  OCT  2010    RKSO


さぁ、約1ヶ月間 またヘリコプターに振り回される諸兄が大勢出そうな予感ですね~

約6年間 HDDで熟成させたDataから画像に加工したものを中心に

MCAS  New River のエアショーで行なわれたMAGTF デモに参加したHMLA-167 の AH-1W & UH-1N 「TV」と VMM-261 「EM」のMV-22B。2011年5月

イメージ 1
UH-1N  TV #07  

イメージ 2
UH-1N  TV #05 この機体は国籍マーク他有彩色が使ってある。

イメージ 3
MAGTFデモのハイライト UH-1NとAH-1Wがホバーリングしてエアカバーする中 MV-22B x2機が武装した歩兵を空輸して来た。
昨日紹介したニューオリンズよりも歩兵を空輸してきた規模が大きかった。この他 CH-53E x 2機、固定翼機はチェリーポイントからEA-6B、AB-8B x 2機も航空攻撃で参加。

イメージ 4
TV #05の前面には空対地ミサイルを抱えた竜のイラストが書いてあった。

イメージ 5
AH-1W  TV #29 & UH-1N  TV #07  
東海岸には多い背の高い樹木が背景に写り込むのが良いアクセントになるけれど、ニューリバーのロケーションは晴れたら逆光になる。
14時頃、明るい曇りだったので この年はベストの天気だったかな。
イメージ 6
AH-1W  TV #29  

地上展示機 CA #32
イメージ 7
HMLA-467   CAレターの "Sabers" は2008年10月に編成された新しい部隊だったが、2016年6月に解散してしまった。

リザーブユニット HMLA-773 Det.A のAH-1WとUH-1N がMAGTFデモで活躍し、順光バックリで撮影できた JRB NAS New Orleans2011年のエアショーでのカット。

イメージ 1
通常のカウンターシェード迷彩とはひと味違うピクセルっぽい迷彩が施してあった MM #28 のスーパーコブラがデモで飛んでくれたのは非常に有り難かった。
イメージ 2
UH-1Nと連携するシーンを何度か演じてくれ 1枚のカットに2機種を捉える事もしばしばあった。

イメージ 3

イメージ 4
一度地上に降ろした武装兵を再び機内に回収して離脱するUH-1N
イメージ 5
コブラがエアカバー

イメージ 6
通常の機体 MM #20

イメージ 7
MM #26 と後ろには MM#38 

イメージ 8
MM #26 


この年の MAGTFデモでは、地元 VFA-204に NAS Oceanaから参加したVFC-12も加えた Hornet 4機が空対地攻撃のデモを演じ、これらも離陸、対地攻撃、ダイヤモンド編隊からのブレイク等も良い光線状態で撮れて 非常に満足度が高かった。MAGTFデモはその基地、開催年によって当たりハズレの落差が激しいので、この年のニューオリンズは、大当たりだった。

横田まで来て足止めされていたAH-1ZとUH-1Yのうち各2機づつの半分が、今日離陸して西の方へ向かったそうなので、どうやら北海道の演習には参加せず沖縄に向けて引き返した模様。

お盆休みも終わり 仕事に復帰したので 今日もHDDの肥やしからと一部は既に画像化してあったものを合わせてスーパーコブラ、バイパー、ベノムを CONA  Kick off Event の Naval aircraft parade から。

イメージ 1
スーパーコブラ AH-1W、バイパー AH-1Z そしてベノム UH-1Yのミックスフォーメーションで 快晴のSan Diego をパスした4機。
上下2枚 
手前から AH-1W  SM #24  HMLA--369、UH-1Y  QT #527
HMLAT-303 、AH-1Z  QT #612  HMLAT-303、UH-1Y  UV #35  HMLA-267
イメージ 2


一番奥側を飛んだ UH-1Y  UV #35 
イメージ 3

イメージ 4

こちらは別の編隊
イメージ 5
AH-1W  VT #21  HMLA-367、UH-1Y  QT #506  HMLAT-303

早いもので あれから既に6年半も経ってしまい 今やAH-1Wも見られなくなった。
海軍航空100周年記念で 大きなイベントが全米で繰り広げられた2011年だったが、2月 最初にサンディエゴで行なわれたビッグイベント約200機の海軍・海兵隊・コーストガード機によるパレード。
海軍の街 サンディエゴを象徴するような快晴の中 すばらしいパレードだった。

このページのトップヘ