飛行機好きの " つぶやき"

2017年10月

1994年の偶数年初開催となった RIAT'94は C-130ハーキュリーズ 40周年記念がメインタイトルで実施され、 この時ニュージーのハークも参加していたのを思い出し、昨夜 取り急ぎネガプリントからScan。

イメージ 1
C-130H  NZ 7004   40 Sqn / RNZAF
EGVA   31  JUL  1994  

もう少し早く気が付けば、たぶん到着か出発時のポジが有るんだろうけれど 思い出すのが遅かったので ハークは ネガカラープリントからのScanしか間に合わず。発色が悪くてスミマセン。
ロッキードがスポンサーになったのでこの年のRIATには世界中からC-130が30機以上Fairfordに集まってズラリと並び 凄かった!
正に世界の傑作機として今も活躍し、生産も続いているのが驚き。

イメージ 2
MB339CB  NZ 6469   14 Sqn / RNZAF 
EGDM   15  JUN  1992  

A&AEE  BOSCOMBE DOWN で行なわれた ATI '92に地上展示され、月曜日の離陸カット。この年と昨日紹介のIAT'93と英国のビッグエアショーに2年連続参加したニュージーのマッキ。この2回しか撮影チャンスは得られなかったが、撮れただけラッキーかな。
A-4Kが未撮のまま終わってしまったのが悔やまれるが、MB339CB/A-4K 共にアメリカの民間会社 DRAKEN International で活躍中。

3年遡り IAT'93 に参加した RNZAF 2機種。

以下3枚 EGVA   26  JUL  1993   IAT'93  DEP  Day
イメージ 1
B727-22C   NZ7271  40 Sqn / RNZAF   (2枚)
IAT'93のデパーチャーデー(月曜)上はバックトラックするB727
下はR/W27からの離陸滑走中
イメージ 2
現在はB757-200に機種が代わってしまったが、B727の時代でも英連邦のニュージーランドは遠路エア・タトゥに参加していた。

イメージ 3
MB339CB   NZ6475  14 Sqn  / RNZAF

同じくディパーチャーデーにR/W27を離陸する Royal New Zealand Air Forceの マッキ MB339CB。おそらくイタリアで製造された機体が、ニュージーランドへフェリーされる前に IATに参加したのだろう。このクラスの機体が、単体で 南半球から英国までエアショー参加の為だけに飛来するとは考え難い。

6年の空白があり 1996年夏まで 飛び シドニー国際空港で撮ったニュージーランド機。

イメージ 1
A320-231  S7-RGX Kiwi Travel International Airlines
YSSY    -9  AUG  1996 

'96年夏は  米・欧にちょっと飽きを感じて目先を変えてみたくなりマイレージを使ってオーストラリアへ撮影に出かけてみた。 当時はほとんど軍用機ばかり撮っていたが、シドニー観光に1日、国際空港周辺での撮影にも1日 日程を当てた。その時に この KIWIと旧塗装だったAir New Zealand機が2機種撮影できていた。

イメージ 2
B767-219/ER   ZK-NBC   YSSY    -9  AUG  1996  

上のA320と同じ場所で撮ったカットだと思うんだけれど、こちらはエアボーンした直後で ギヤがまだ傾いてもいない。
旧塗装はやはり なんだか古めかしく思えてしまいますなぁ~

イメージ 3
B747-441  ZK-SUI    YSSY    -9  AUG  1996 

この撮影場所は 道路沿いの水銀灯が邪魔で 真横のカットが撮れず。
当時は民航機撮影でレジが見えるアングルには拘っていなかったのでこんな角度が1枚しか残って居ない。。。今なら水銀灯が入るまで連写して、NGカットは消去すれば良いので きっと4~5枚は押すでしょうネ。

ニュージーランドの民航はここまででネタ切れ、明日からは RNZAF機 ポジ撮影時代へと更に Back to The Future して行きます。

民航のポジを捜索しても 2002年撮影分から Air New Zealand 機は見つからず。
この年は 国際観艦式があり Royal New Zealand Navy の HMNZS  TE  KAHAが参加し、SH-2G スーパー・シースプライトを搭載して来日。

イメージ 1
SH-2G #01   HMNZS  TE  KAHA  F77 搭載  船越/横須賀
11  OCT  2002 (上下2枚)
イメージ 2
テ・カハの格納庫に入った状態だったので 全景をクリアには撮れなかったけれど、ニュージーランド空軍のシープラをなんとか撮れた。

Naval Helicopter Forces が運用、維持管理は Royal New Zealand Air Force  No.6 Sqn が行なっているようだ。
ニュージーランドの軍は我が国の3自衛隊等と比べると規模が小さく、ましてや海軍内に航空部隊を置く程の組織規模は無いという事だろう。

イメージ 3
HMNZS  TE  KAHA  F77   東京湾 12  OCT  2002  

横須賀から観艦式が実施される東京湾羽田沖へ向けて航行中のF77

更に1年前の2003年もAir New Zealand のB747を成田で2度の撮影だった。

イメージ 1
B747-419   ZK-NBT   RJAA  R/W34L 1タミ  10  JAN  2003   
NZ99便 AKLより
 
この日はNW001便でBKKへ向かう為に電車・バスで成田空港へ行った。前の週に「来週タイへ行きませんか?」と誘ってくれた相棒を待つ間 少しだけ1タミの送迎デッキから撮影した中に Air New Zealandが含まれていた。


イメージ 2
B747-419   ZK-NBU   RJAA  R/W16R   -5  JUL  2003   
NZ99便 AKLより

この日は1台の車に神奈川県人2名、愛知県人1名、山口県人1名と4人相乗りで成田空港へ撮影に出かけたので脚立は積んで行けず
R/W16の着陸は「さくらの山」公園から撮ったようだ。

捜索して 見つけられた Air New Zealand機の成田空港撮影分は、ここまで。

明日以降は更に年代を遡って 軍用機 Royal New Zealand Air Force機が中心になっていく予定デス。

このページのトップヘ