飛行機好きの " つぶやき"

2018年01月

もうすぐ冬季オリンピックが開催される お隣 韓国のハーキュリーズを6枚

最初は昨年3月マレーシア・ランカウイ島で隔年開催されるLIMAに初参加した ブラックイーグルスの支援で飛来したC-130H-30とC-130J-30の2機種を3枚  16  MAR  2017   WMKL

イメージ 1
C-130H-30   45-006   08:57 T

前日の夕方から夜に飛来した4機のハークは、3月16日(木)早朝 約10分間に4機立て続けに離陸した。ランカウイ空港は定期便の旅客機が観光客を乗せて運行しているので、定期便の離着陸が無い時間帯に集中して上げたのだろう。
イメージ 2
C-130J-30   35-750    09:01 T   1/100 F8 ISO250

プロペラの枚数が増えたJ型は 1/100でペラが一回りするが、
イメージ 3
C-130H-30   55-030    09:07 T    1/100 F8 ISO320

従来型の4ペラ H型だと 1/100では1周回らないネ


イメージ 4
C-130H-30   45-006    RKTU    25  OCT  2013   
Cheongju International Airport で行なわれた ソウルエアショー’13に地上展示された長胴型ハーク。

イメージ 5
C-130H  95-179    RKSM   23  OCT  2009  

ソンナム AB を離陸する C-130H 


イメージ 6
C-130H-30  55-036    RJTJ    25  SEP  2009   

最近は来なく成ってしまった ハーモニーのコールで音楽団を運んで来た韓国空軍のハーク。

1月30日に因んで C-130の画像をHDDからかき集めてみたら 過去にここで使った物も重複しますが、80枚くらいピックアップできたので今日から何回かに分けてアップして行く事にします。

今日は 航空自衛隊の 第401飛行隊 C-130Hを5枚

イメージ 1
岐阜基地航空祭 24  OCT  2010    75-1078 

航空祭のデモで不整地着陸をみせる78号機。この時 レンズのAF スイッチが 何故だかOFFになっており、こっちへ近づいて来るにしたがってピンボケになっていて ショック!

イメージ 2
美保基地航空祭  23  MAY  2010     95-1082   

雨模様の美保航空際の展示


イメージ 3
厚木航空基地 R/W01 End   16  DEC  2011    05-1085    

真冬の夕暮れに 厚木エンドへ離陸に向けてタキシングしてきた85号機。この日はいつもの何倍も夕焼けが真っ赤に染まった日で、幻想的なカットが撮れた。

イメージ 4
厚木航空基地 R/W01 T    21  MAR  2013    85-1080  

空自にまだ2機程しか居ない KC-130H。JFSで朝早く飛来して
約1時間で離陸したので、青空で着陸/離陸が撮れた。
 

イメージ 5
DON  MUANG  AB    タイ子供の日公開 14  JAN  2006
75-1077

12年前の「タイ子供の日」ドンムアンには夜明け前にタクシーで入れてしまい 三脚が無いけど 工夫して夜景を撮った。


曇り 雨 夕焼け 青空 そして 夜明け前の夜景と 5枚

US  NAVY 電子戦攻撃飛行隊 転換訓練部隊 VAQ-129 "Vikings"
7年前 2011年のCONA Year イベントで撮れたカット。
KNZYイベントから4枚
イメージ 1
EA-6B (NJ) #11  ↑  CONA スペシャルカラーのプラウラーとグラウラーの2機が 並んで地上展示された。
イメージ 2
EA-18G (NJ) #55  

画面左端に居る方 ↓
イメージ 3
FOX 5 の TVリポーター

イメージ 4
約200機 で2時間に及ぶパレードが行なわれて、 VAQ-129は海軍が
EA-6Bから EA-18Gへと機種更新の最中だったので、この頃は2機種運用していた。両機種ミックスフォーメーションという粋な計らい


イメージ 5
EA-18G  NJ #560    KNBG    -7  MAY  2011   

ニューオリンズの地上展示機にはノーマル塗装機が参加


イメージ 6
EA-18G (NJ) #55    KADW    21  MAY  2011    

昔で言う所の 三軍統合記念日ウィークエンドの頃 オープンハウス/
エアショーが行なわれたアンドリューズには CONAスペシャルペイント機が参加。今ではグラウラーがあたり前になってしまったが、
この機体を2月にノースアイランドで最初に見た時は、まだ新鮮な機種と感じていたんだけど、7年の歳月 すでにプラウラーが絶滅間近。

過去にもやりましたが 1月24日なので An-124 の画像を少し集めてみました。

ボージョレヌーボを解禁前に空輸していた ワインチャーターと呼ばれていたフランスからの輸送便にもAn-124が使われていた頃が懐かしい。

2005年11月の成田から 2枚

イメージ 1
An-124-100   RA82075   POLET  AIRLINES   

イメージ 2
An-124-100M   UR-82008   ANTONOV DESIGN BUREAU  


2011年5月 ANDREWS  AFB Air show に展示されたもの5枚
An-124-100   RA-82047    VOLGA  DNEPR  
イメージ 3
C-5と同じように機首が前方上に開く 同じ会場にはC-5Mも展示されていた。
イメージ 4
機首を下げるスタイルもC-5にクリソツ!
イメージ 5
20周年のロゴいり
イメージ 6
アメリカ国内でロシア機が 地上展示されていたので 観客の関心は高かった。
イメージ 7
公開されていた機内にはスペアタイアも


2013年1月 US NAVYの SH-60/MH-60の入れ替え の空輸にチャーターされたAn-124が  NAF  Atsugi に度々飛来した。

イメージ 8
An-124-100  RA-82068  POLET  AIRLINES   
RJTA  R/W01 L↑ R/W19 T ↓    18  JAN  2013  (上下2枚)
イメージ 9
この日は冬晴れの青空で 朝の着陸、午後には離陸が撮れた。

4日後にも再び飛来した。
イメージ 10
An-124-100  RA-82068  POLET  AIRLINES   
RJTA  R/W01 L  T     22  JAN  2013  (上下2枚)
イメージ 11
離陸は雲ってしまったが、期待通りに低かった!

ご無沙汰しております!

関東地方は降雪で 今日と明日は 皆 通勤  通学  買い物 等 不自由しますね~ 雪が本降りになって 仕事は 打ち切り  帰れ!と言われ 時間が出来たので 日付ネタ @ Star Wars Canyon で撮った VFA-122 のカット を 普段とは少し違った感じで。
 
連続カット トリミング少なめで 現地へ出かけた事が無い人に ここの魅力が 少しでも伝わればなぁ~と 思う次第です。

11 AUG 2015   NJ #163   6枚 連続    10:27

イメージ 1
10:27 この日 2番目に谷へやって来た F/A-18F  NJ #163は、高度を落とすのが 少し遅かったので 展望駐車場付近で撮っていたら最初は空と地上のミックスからになり、この絵では現在形地上。

イメージ 2
90度バンク腹打ち でダイブして行くと 背景が すこしずつ地層に成って行く

イメージ 3
ここまで潜ると 彼岸は もう崖そのもの

イメージ 4
瞬時に背景は変化して行き

イメージ 5
機体がレベルに戻った

イメージ 6
東のパナミント方面へと ダイブし 少し右旋回しながら谷を抜けていく。午後の時間帯はこの辺りが自分の正面になるポジション取りすれば、多少光線の悪さを緩和できるが、谷へ潜り始める方向の視界が悪くなるというハンデを負う。



12 AUG 2015   NJ #165   6枚 連続 1回目 09:36

イメージ 7
前日よりもポジションを 少し 東寄りに移動。それでも ダイブが遅い機体は、先ずは 空入りカットから始まった。

イメージ 8
現在形の地表から  地震か地表の陥没か何かで 崩れ落ちたのであろう 地層が見える 崖へと 背景が変わっていき ここからが Star Wars Canyonの真骨頂カットになる。 

イメージ 9
潜りながら 機体の姿勢 徐々にレベルへ戻っていく

イメージ 10
刻々と背景の 地層  岩の色や表情が変化する

イメージ 11
自分の居る場所と 機体の高度 等の関係によって 二度と同じ絵は得られないと思われる。機体の姿勢と好みの背景が重なると お気に入りの1枚に成るんだが、なかなか上手くマッチしてくれない。

イメージ 12
少しくらい 機体が小さくても この背景 なら 非日常な絵になる。
この背景が 全て青空だと想像・比較してみれば 答えは出るでしょ?



12 AUG 2015   NJ #165   6枚 連続 2回目 09:39

イメージ 13
2度目のパスを実施してくれると L字コーナー辺りからの入り方が大抵低く成っている。

画面右上に見えるのが ここへのアクセス舗装道路 カリフォルニア190号線。西は395号線 東はネバダ州境に近いデスバレージャンクションで127号&373号とぶつかる対面通行(片側1車線)の快適な道路。 

イメージ 14
1回目とは全く違う背景で90度近いバンクを取ってダイブ

イメージ 15

レベルに戻すのも2回目の方が早いかな~

イメージ 16
この年は ほとんど SS 1/500で撮ってしまったので スピード感がイマイチ出せず(反省)

イメージ 17
もっと東側の撮影場所に居ると この辺りを通過中の姿を 斜め前のアングルで狙えると 後で判明・・・ 翌年は そっちで撮る事にした。
(ラストの1枚)

イメージ 18



12 AUG 2015   NJ #172   3枚 連続  10:42

イメージ 19
この機体は1発で 低く進入して来た! おそらく過去にもここを飛行しているPilotなんだろう。

イメージ 20
背景に色が多い所も そこ ここ に点在する

イメージ 21
ちょっと味気ない背景かな


12 AUG 2015   NJ #152   1枚   1回目  14:57

イメージ 22
午後に成ると 機体への光線が悪くなってしまうが、しかし その分岩の立体感が強調される。


12 AUG 2015   NJ #152   3枚 連続 2回目  14:59

イメージ 23
やはり2回目の入りは深い。崩れ落ちた崖面だと見て取れるでしょ?

イメージ 24
午後の方が 崖壁面の立体感が ましマシィ~

イメージ 26
午後は送り気味のアングルの方が光は良く成るが、迫力はやはり斜め前から横辺りまでに分が在る。


-1  MAR  2016   NJ #203   1枚   10:08    SS 1/250
この年は撮影場所を 東寄りにしてみた。
イメージ 25
シャッタースピードを半分に落すだけで スチールでも こんなに躍動感が引き出せるのよ。

1/1000とか 1/1250なんて4ケタ切ったら 勿体ないお化けが 毎晩天井に出て来る~

1/250だと歩留まりは半分以下に落ちるけれどネ、まぁブレたらそれは己の腕が未熟なんだから仕方が無いと反省して 次のターゲットで更なる集中力を出してキメれば良い。

イチローや落合だって4割は打った事無いし 
『 喝!』の張本氏だってシーズン最高打率 3割8分3リンなんぼだったでしょー

バースの日本最高記録で389さ 半分止っていたら上出来!

最初から4ケタのSSを切るような姿勢では、チキンなカットを量産して帰るだけ。日頃からSSは1/焦点距離 の大原則を守って 自信を付けておくことが、こうした絶好のロケーションに望んだ時にも活かせる。

このページのトップヘ