飛行機好きの " つぶやき"

2018年07月

21日(土)の離陸 夕方編 主に北米行き + α

イメージ 1
DL68便 PDX行き B767-330(ER)  N198DN   16:36 T

まだ日没が18時台後半なので 2時間前なら まだ陽射しも強く 赤味もかからずナイス。


イメージ 2
DL276便 DTW行き A350-941  N508DN   16:45 T

B747が引退してデルタのデトロイト便に投入されているA359。他はアジア圏からのA359が多い中、長距離便ゆえ 離陸はやや低いかな〜? FINNも長距離便の部類だけど これよりも高い確率大だなぁ。


イメージ 3
AC010便 YYC行き B767-375(ER)   C-FPCA    17:02 T

離陸マニアとって天敵なのがB767。JAL  ANAのアジア圏便は 浮いたらかなりの角度でぐんぐん上昇してしまうので。。。DLやACが低く上がって来ると 嬉しく成る!


イメージ 4
AC004便 YVR行き B787-9   C-FGFZ   18:27 T

18時台も半ばになると陽射しが弱く成り露出も刻々と下がって行く。ACもB6よりはB8の方が魅力的なので もう少し早い時間帯に上がって欲しいものだ。


イメージ 5
UA78便 EWR行き B777-322 (ER)   N2534U   17:07 T

初月に成田へ行った時に 夕方複数便B777-322が降りて来て 時代が変わった事を実感。
↑ ↓ の B787-9 と比較すると やはりひと世代前の機材と言うシルエットだよネ〜


イメージ 6
AA170便 LAX行き B787-9  N830AN   18:22 T

アメリカンのLAX便、羽田からも午後出発するAA28便が同じB787-9で運行されているので、成田便は撮るだけで 乗らなくなってしまった。しかし、AAのB8はメインキャビンのシート配列が3・3・3なのは良く無い。JALは2・4・2 なので 昼間が長いフライトだと 安心して窓側を指定出来る。


イメージ 7
TN77便 PPT行き A340-313  F-OSEA   17:58 T

夕方のお楽しみタヒチの離陸なんだけれど、ギヤの閉りが遅過ぎてイマイチだったこの日。
日没が日増しに早く成って行くので、今シーズンにもう1回トライできるかなぁ〜?(夏期講習)

イメージ 8
EY871便 AUH行き B787-9  A6-BLK    18:40 T

定刻が17:55 発の EY871、この日はディレイして上がって来たのでほとんど陽射しが無くなった頃の離陸。タヒチと供に ワンモアチャンスを作らねば。エチハドは赤字続きの経営が心配。

                            7月21日(土)成田は今回で終わり 

少し間が空いてしまったが、21日(土)成田の離陸 続編   アジア

イメージ 2
TR869便 DMK行き B787-8 9V-OFD  11:09 T

安定した低い離陸のスクート。しかし、この日12:38に上がったTR899便のB787-9 TPE行きは高かった〜

イメージ 3
XW101便 DMK行き B777-212(ER)   HS-XBC   14:06 T

以前チャーターで年末年始とかに来ていたノックスクート、やっと成田への定期便となったのか?他のスクート便がB787で来ているので今更B772はちょいと古めかしくさえ感じてしまう。


イメージ 1
XT408便 CGK行き A330-343  PK-XRC   12:01 T

エアアジアのインドネシア便が増えたせいなのか?ガルーダの朝が1便に減ってしまった。


イメージ 4
UO849便 HKG行き  A321-231  B-LED   16:33 T

A321は結構低い離陸があるので気を抜いていると見送ってしまう事があるので、真面目に一応はカメラを持って待たないと。


イメージ 5
CI101便 TPE行き A350-941  B-18903  15:05 T

CI101もA359になりB747の姿が見られなくなったようだ。

イメージ 6
TG677便 BKK行き A380-841  HS-TUD   17:55 T

成田へ安定して定期運行し続けているTG676/677便のA380。

イメージ 1
E-6A  (TC)  163920   VQ-3 / SCW-1    

EC-130G/Qの後継機として Boeing707-320を改造して E-6 Mercuryが開発された。潜航中の潜水艦と長距離通信を行なう 超長波(VLF)通信機器一切を搭載した機体 TACAMO(Take Charge And Move Out)。

日本への飛来は非常に少なく、以前は VIP輸送任務で時折姿を見せたが、近年は滅多に飛来しなくなってしまった。このカットは90年代半ばに 米国内ある飛行場で偶然見かけて、午後まで待ち 上がったので とても良い条件で離陸が撮れた希有な例。

クイズ: これは何処を離陸する E-6A Mercury でしょう。。。?


その後、USAFのEC-135 ルッキング・グラスの退役に伴い 通信中継に加え、EC-135に代わりコマンドポスト任務がE-6に付与される事になり 通信機材の増強改造がなされ E-6Bに進化、1998年10月から就役。

2006年秋に Home Tinker AFBを訪れた際に 現地の関係者にお願いして VQ-3/VQ-4供用のエプロン/ハンガー地区、滑走路脇などからE-6Bを撮影させてもらえたので、B型は一生分纏めて撮影できた。

イメージ 2
E-6B    VQ-3/VQ-4 供用のフライトライン@ Tinker AFB 

イメージ 3
E-6B    T/Gを繰り返す 164386 

イメージ 4
E-6B  これも Home  Tinker AFB で T/G を繰り返す 164386。

7月22日(日)昼過ぎから 海上自衛隊 Atsugi AB を訪れていたRoyal Australian Air Force (RAAF)のAP-3C  A9-661が、今朝10時過ぎに 厚木基地を離れた。

イメージ 1
AP-3C  A9-661   No.10 Squadron  / No.92 Wing     RJTA  R/W01   10:03 T    

南海上から接近してくる台風12号 の影響が少しずつ出始めて来た本日、朝は晴天なれど北寄りの風が吹き続けた。そして雲が増えてしまい、毎日クラブの話では 今回のRAAF  AP-3C 厚木滞在中 撮影チャンスは、一度も晴れてくれなかったそうだ。今朝もあと少しだったが、雲が流れて来ちゃいました〜

AP-3Cの離陸を待っていると 恒例の掃海演習で三沢基地に展開中の MH-53E  BJ #541が、三沢から南下中の知らせが、東北主要都市の Oさんから入った。
AP-3Cの離陸を撮って南側へ移動し BJの到着を待ったが、VFR で基地の西側からダウンウインドに入って、R/W01  C-West へアビーム。10:37 L とてもコマワリ君で まともには撮れず!(死刑!)

11:49に R/W01  C-West から離陸するも タワーからの指示で 即 D に着陸。。。Back to Line アレレ

イメージ 1
C-130E  63-7892  327AS/913AW    KNXX    13  SEP  2002   

Air Force Reserve Command の327AS/913AW C-130Eを装備して撮影当時は, NAS JRB Willow Grove , PA をHomeにしていた。その後 基地が整理・統合で閉鎖され、現在327ASは C-130Jを装備して Little Rock AFB, AR が Homeとなって 存続している。

このページのトップヘ