飛行機好きの " つぶやき"

2018年10月

9時前後に航空戦術教導団電子作戦群 電子戦支援隊のYS-11EAとEC-1が相次いで離陸。

イメージ 1
YS-11EA  12-1162   RJTJ  R/W17    08:55 T

イメージ 2
EC-1   78-1021    RJTJ   R/W17   09:03  T   

これら2機は 九州の海上自衛隊 鹿屋航空基地へ展開、総演の支援に出かけた模様。

29日の入間は  航空戦術教導団電子作戦群 電子飛行測定隊 YS-11EB  82-1155が 08:02に上がってスタート。

イメージ 1

8時過ぎの光が良い時間帯、離陸後 直ぐにタワーパターンに入ってローアプローチを3回も実施。

イメージ 2
午前中が短い入間なので、離陸後直ぐのロープローチは非常に有り難い!

イメージ 3

離陸後3回 L/Aをやるとタワーにリクエストしたので、最初から長玉で迫力のある絵を狙って勝負。

イメージ 4
ベイパーリングを曵きながらのギヤアップ 早朝からのご馳走 ごっつぁんデス!

イメージ 5
小さいけれど 富士山入りもネ

イメージ 6
EBの特徴 胴体前部 上下にあるコブを強調したカット


イメージ 7
残り少なく成った YS-11の中でも EBは 外形的な特徴が際立っているので 8時台の撮り放題はラッキーこの上ない滑り出しだった。

入間基地 航空祭『文化の日』前 、航空祭のDEMO 予行 C-1 COSMO MIKE FLT は、今日が最後に成るようだ。

イメージ 1
C-1  78-1026  第402飛行隊 / 第2輸送航空隊 COSMO "M" リーダー機  R/W17  10:00 T

先週 木曜 25日は R/W35 ユーズで 入間名物 W-6に向けて 坂道を4機で下って来るシーンが南側柵沿いから狙えた。一転、今朝は南寄りの風で R/W17ユーズ。北側は午前中なら滑走路へラインナップするシーンが狙える。風向きが微妙な予報だった今朝は、17に成る確信は持てなかったが、ある意味賭けだと割り切って 未明から R/W17 通称 "雛壇” へ出かけ 先週とは趣きが違う 60周年記念 歌舞伎 C-1を捉える事が出来た。
噂では、17ユーズにも関わらず、南側にも100人程ギャラリーが居たらしいが、朝から17なのに南側で何をどう狙っていたのか、摩訶不思議。


早起きして眠いので、続きは明日以降にボチボチアップして行きま〜す。  

イメージ 1
C-1  78-1026   第402飛行隊 / 第2輸送航空隊  25  OCT  2018

3機編隊で北から進入、ブレイクしたが 2、3番機が先にR/W35から着陸。1番機#026だけ
もう一度北から南へと低空高速進入し コンバットピッチして最後に着陸した。

10月26日に相応しい C-1  78-1026  第2輸送航空隊 60周年記念 特別塗装機が、昨日 入間航空祭の飛行展示 リハーサルの1番機として飛行し、秋晴れの入間基地R/W35 End付近は 多くの航空機写真愛好家達で賑わった。

イメージ 1
COSMO FLT のリーダー機で 『文化の日』の本番にもフライトを実施するようだ。

イメージ 2
漢字の 「弐」 が大きく機首に書かれ、歌舞伎の隈取 がモチーフの塗装だと言う。
エンジンサイドに60th ANNIVERSARY の文字入り。

イメージ 4
4機のルーズなダイヤモンド編隊で 北から南へとパス。記念塗装機は赤白基調なので 迷彩機と比べると視認性が高い。
イメージ 5


唯一のチャンスかと チャレンジしてみたが。。。
イメージ 3
南西方向から会場に背中を見せるように、2番機と 2機編隊でバナナパスを行なったが、基地の外周からでは 背中は見られず。。。。本番の日に激混みの基地内へ入るべきか? 悩むぅ〜

このページのトップヘ