飛行機好きの " つぶやき"

2018年12月

イメージ 1
Tu-22M3  #48   RF-34036   

来年は この "Backfire" の活きた姿を撮るのが 第一目標。

今年の夏は モスクワ郊外のクビンカ基地へ初めて出かけてみたら 行く前に あれこれ 想像していたのとは 随分かけ離れた 現地の事情が良く判った。人伝てに聞く情報も大切だが、やはり自分で現場へ出かけて 体感するのが一番だと 再認識できた。向こうの事情さえ変わら無ければ、自分の立ち回り方次第でなんとかTu-22M3とMiG-31の離陸・着陸くらいは撮れるんじゃないかという手応えは得られた。

今年最大の収穫はコレだったから
イメージ 2
Tu-160  #02  RF-94102  

2019年こそ Tu-22M3 のこんなカットをモノに出来るよう 努力する!

今年も もう少しで 終わってしまいますねぇ〜

家の片付けをしながら 今年を 振り返って おります。

イメージ 1
F-16D  86-0046   134FS   VT  ANG     SWC ,  Death valley , CA     -7  MAR  2018    

9割方 西から東(左から右へ)へとパスするコースが 多い Star Wars Canyon なんだけれど、
このVT ANG F-16D は いきなり前触れ無しに 東から西へと この日は、2度も不意打ちを。


イメージ 2
F-16C   87-0223   134FS    VT ANG   KLSV   R/W03L     13  MAR  2018   

デスバレーから NAF El Centro , CA、 Phoenix - Mesa Gateway Airport ,  AZ 、   Luke  AFB , AZ  を経由して  Red Flag が行なわれていた Nellis AFB , NV まで 車で移動して  この日は 午前北寄りの風でR/W03 運用 午前のフライトから運良く着陸が撮れた。4機で飛んだバーモント ANG のF-16Cは、おとなしいファイナルターンをしてくれて4機とも わりとまともに撮る事が出来た。しかし、6日前に 谷で D型を撮っていたので どうしても喜びは半減。人はかくして 贅沢な生き物ですネ。


今日も「おしん」総集編を見てしまった。
大正時代から昭和初期の頃は 日本も今程 自由はなく経済的にも 恵まれていなかったのだと 再認識。
今じゃ 丁稚奉公に出される子供、その奉公先で頂いた少ないお給金から 実家へ仕送りするなんて 全く考えられない。小林綾子・田中裕子 演じる おしん は どんなに虐げられても、苦労が身に付きまとっても挫けずに 強く生き抜いて行った。

昭和の後半〜平成という 豊かで 平和な時代に生まれて 本当に 幸運なんだと 思う。
自分の好きに あちこちへ  果ては 諸外国にまで 出かけて 飛行機の写真を撮っていられるなんて。

経済の安定 と 平和 ・自由 は、  生きて行く上で 最も大切な 要素だね。

平和な日本 ありがとう。 もう少し平等な社会だと モア ベターなんだけどネ。

イメージ 1
LX161便 ZRH行き A340-313   HB-JMA   11:24 T    R/W34L  


イメージ 2
SK984便 CPH行き A340-313   OY-KBA   12:37 T     R/W34L 


今年も あと3日で終わり、強い冬型の気圧配置に 加えて年末寒波来襲で 寒い年の瀬となっている。
今月は 頭から半ばにかけて百里基地航空祭〜その後も百里へ 計5回通っただけで終わりそうな気配。
軍用機は もう来月の2週目あたりまで ほとんどフライトが無いだろう。
今年の前半に CVW-5 固定翼機 全ての飛行隊が 岩国へ引っ越してしまったので、この年明けからは
 関東地方の飛行機写真愛好家には軍用機で 撮り初めをするのなら 例年よりもゆっくりしたスタートにならざるを得ない。

今年の正月に 『もう来年からは ここでなんとなく皆に会う事は無く成るんだね〜』と何十年も NFが飛び始めれば 自然に集まって来た 友人・知人達と厚木エンドで顔を合わせて 新年の挨拶を交わす事ももう無いんだなぁ。今年の1月は VFA-102、VFA-27が年明け直ぐにフライトを始めたので 1月3日、4日と厚木へ展開したが、今年は・・・・
それより 7月27日 を最後に 厚木へ撮影目的で 全く出かけていない。もう5ヶ月のブランクだぁ。
こんなに間が空いたのは、1981年以来かな。

上の2枚は、今年最初の撮影となった1月2日快晴の成田で撮ったA340の離陸。幸い2つのエアライン共にまだA343で成田へ乗り入れてくれているので、この正月も こんな離陸が撮れるかなぁ。


年末になり BS で 昔懐かしいテレビ番組を見たりしている「時間ですよ」「おしん」総集編など
もう内容はほとんど忘れてしまっているが、見ると懐かしい昭和が蘇ってくる。
浅田美代子が初々しく、堺正章が若い! 天地真理は あの頃から ふけ顔のアイドルだったネ。
先日無くなった 樹木希林さんも 番組の中では まだ若いが、老け役のハマさんを演じている。


平成もあと4ヶ月余りで終わる。しかし ふと考えてみたら昭和生まれとはいえ すでに自分が生きて来た時代は昭和よりも平成の方が長く成っているんだと 最近気付いた。

小淵さんが、『新しい元号は 平成です!』と発表したのは ついこの前のような気がしていたが、
あっという間に30年が過ぎようとしている。

次の元号は 何になるのだろうか。。。たぶん漢字二文字なんだろうね。

次の元号の時代を三十年以上は生きられないだろうから、人生で一番長かったのは 平成の時代 となりそうだ。

イメージ 1

12月18日  第302飛行隊 3rd に向けて14:57 ランプアウトする F-4EJ改  17-8437、07-8435。
冬場の午後は 日が傾くのも早いが、気温が低く 15時前で もう カゲロウが気にならないレベル。
真夏ならこんな滑走路2本越しに15時の撮影なんてめっちゃメラメラ〜シャッターを押すだけ無駄。

        枯れすすきに赤味をおび始めた陽射し   初冬の百里。

第302飛行隊で ファントムが運用されるのは平成30年度限りとなっているので、年明け 3月までのようだ。

イメージ 2
15:10に R/W03で離陸したが、訓練飛行中にランウェイチェンジがあり R/W21Lに16:05着陸するAchilles01Fltのリード機。 
日没の最も早い時期なのであと10分遅かったら夕陽には照らされなかっただろう。


オジロワシのファントム  あと何回撮れるかなぁ〜

昨日の続き 今年3月4日(日)に Las Vegas McCarran INTL で R/W01の離陸を撮っていた時 滑走路越し空港西側に駐機していたカナダ国防軍のCC-130J-30が上がった。

3枚連続

イメージ 1
CC-130J-30    130604   RCAF/ARC    R/W01L   KLAS  

J型ハークは4ペラ時代の機体と比べ離陸滑走開始からエアボーンするまでのタイミングは 圧倒的に早い。ルクソールの南となりにある 金ぴかのHotelが背景に写るなんて!

イメージ 2
スフィンクスは 画面よりもずっと下、ピラミッドの頂点部が奇麗に収まった。
こんなのエアライナーでは撮れた試しがないなぁ〜

イメージ 3
そして わりと普通の軍用機的カットも撮れた。

背景がこれほど目まぐるしく変化するロケーションも珍しいデショ? 

このページのトップヘ