飛行機好きの " つぶやき"

2019年03月

昨日3月30日でLIMA'19は終了し、今日は参加した機体の撤収が最も多い日。

イメージ 1
C-130H  A-1332  インドネシア空軍 08:21 T  
JUPITERの支援で飛来したC-130。

イメージ 2
地上展示されていたフランカーは模擬弾ながらミサイル満載

イメージ 3
会期中ずっと万が一の事態に備えて滑走路脇で待機していたFire & Rescue Department , Air Unit のMi-171   M994-02

イメージ 4
Airbus Helicopter H145   HS-BHQ 

屋内展示ホールと飛行場地区の間 狭いスペースに展示されていて 奇麗には撮る事が出来なかった機体。

イメージ 5
Su-30MKMと供に期間中大活躍だった F/A-18D  M45-08、M45-06  15:52  T


荷造りしないと行けないので、今夜はコレにて by 39

熱い日々だったLIMA'19も本日フィナーレを迎えた。
午後の部のデモフライトは、プログラム内容に寂しいものを感じていたが、最後にはサプライズ的なビッグフォーメーション・フライパスがあった。

イメージ 1
6番目の出番だったSu-30MKMのソロが、ディスプレイを終えても着陸せず 何処かでホールドに入った。そして今日のラストは TUDM の"ACE" だった。滞空していたSu-30を加えてSu-30 x4 + F/A-18 x2 計6機でデルタ編隊を組んで南方から進入し ギヤダウンパス1回。

イメージ 2
南東からフラットパス1回

イメージ 3
そして R/W03へ6機編隊で進入して滑走路上で まず両サイドのF/A-18Dからピッチアップブレイク、その後4機のSu-30も左右と上方へとブレイクして着陸。今日は会場内へ行かなかったので、最後のブレイクは逆光でしか撮れなかったけれど 最終日のサプライズに満足。


イメージ 4
午前の部、最初のDEMOはSu-30SMソロ、ロシアンナイツのソロが午前は1番手と9番手にあり、その他にも6番手に4機編成でRussianKnightsとしてもフライト。しかし午後の部はナシ。
湿度が高かったので凄い。

イメージ 5
ACE #5 のハイスピードパス、今日の方がボーテックス大量に発生!

イメージ 6
隣国タイから参加したJAS39グリペンは、前回同様に午前と午後のDEMOの間に本国へ帰投。
今回は地上展示に複座型1機のみが参加だった。

アフターフェスティバルの明日以降、参加した機体の撤収、外国から参加したチームには支援機が再び飛来して 機材や人員の撤収などもあり もう少しお楽しみが続く。。。

パブリックデー初日となった今日のLIMA'19 前回開催までよりも 空港周辺の道路混雑が激しく、移動には細心の注意と時間に余裕をもって行動しないと計画が危うく成りかねない状況。明日は最終日で週末なのでもっと渋滞が酷く成るでしょう。
パブリックデーの2日間だけは、フライトディスプレイが午前、午後と2度に渡る。

午前から順を追って

イメージ 1
TUDM  "ACE" DEMOの中で ACE#5を努めたF/A-18D M45-02がハイスピードパス。
本来この上にSu-30MKMが、空中停止しそうな低速度でハイアルファーを行っていて、観客がそれを見上げているところにこのACE#5がスニークパスして驚かすシナリオ。しかし、今日もフランカーが離陸後1機不調でそのハイアルファーは無かった。

正直な所、LIMAに TEJASが参加すると聞いても、機体の形や大きさは浮かばなかった。
イメージ 2
ところがLIMAで毎日TEJASを撮影していると もう、すっかり旧知の仲みたいな親近感が湧き始めているから不思議ダ! やっぱり現場へ出かけて実機を生で見るという事はとても大切な事なんだと改めて思う年度末 in マレーシア。 LA-5009上 LA-5010下
イメージ 3
午後の部、TEJASのタキシングは押さえておく必要があるので、DEMOの飛行は捨てて柵沿いに張り付いた。


午前のRussian Knights
イメージ 4
滑走路の反対側へ自由にいけて撮影可能な場所が豊富にあるエアショーってそんなに沢山はない。
気温が高くて体力的にはキツイけれど、それを押してでもLIMAにはこうした他では狙い難いアングルを撮れる魅力が有り、毎回来てしまう。。。年をとって毎回きつく成る一方なんだが。。。
イメージ 5
今日は午前・午後と2回飛んでくれたが 最終日の明日は午前のみみたい。

イメージ 6
午前しか飛ばなかったJUPITER  朝は奇麗な青空に雲が浮かんでいた。

イメージ 7
午前のA400M こちらは影の主役を思わせる大活躍。オープニングでは3機がフライトし、ソロデモでも毎日頑張っている。今日だってAM/PM仕事きっちり。午後飛ぶと P400Mに変身(嘘)

午後の部 タキシング編  フランカー、ふらんかー、Flanker !

イメージ 8
ロシアンナイツは、およそグラウンドショーを見せる気はなく 出て行く間隔もけっこう機体ごとに空いており、エンドで合流するかんじ。これは3、4番機 すでに1、2番機はエンドにてホールド中

イメージ 9
Su-30MKM ソロデモ機 M52-18  TUDM

水曜日の会場内では、いろいろ予想外の事態が起きて 狙った正面のタキシングが撮れない機種・機体があり 今日は思いきって午後は外周からタキシング狙い。こんなに近い距離でタキシングが外から自由に撮れるエアショーもそうは無かろう。

イメージ 10
複数機を1枚に入れてあるのでちょっちメラっているが 真打ちACE 登場! F/A-18Dも続く
イメージ 11
まるで百里の「くの字」かと思う程目の前までタキシングしてくるフランカー


いよいよ明日が最終日、午後のフライトがちょっと寂しそうな気配、午前はスッキリ晴れてくれヨ〜
泣いても笑っても最終日じゃ。

本日も予報よりは晴れた青空の時間が長く 暑いランカウイ島で熱い戦闘機・練習機・輸送機のDEMOが繰り広げられ ショーも折り返し 日本からも多くの人達がやって来た。

イメージ 1
午前中のハイライトは、期間前半だけの参加で 11時過ぎにランカウイを離れたE190-E2  RP-ZGQ。
到着は夕方遅い時間で逃した、展示は他の機体とのクリアランスが無くて  まるでマトモには撮れず。。
羽田にもデモで来たのに撮りに行ってなかったし、今朝やっと生きた姿をキッチリ撮れて  めでたし メデタシ。


イメージ 2
AK6320便 KULより A320-216   9M-AJN  LGK  R/W03  09:48  L

昨夜 羽田を発ったD7 523便 KUL 乗り継ぎで この便には多くの日本人飛行機マニアが乗って来た。
友人.知人も数名含まれていて 本来出迎えに空港へ行くべきだったんだけど、E190が上がる時間と近過ぎて 空港へは行けなかった。


今日も ACE のデモから2枚

イメージ 3
Su-30MKM  M52-15  TUDM 

ACEのデモに上がるフランカー、3機のうち2機は離陸後左へ大きく捻るのでテレコンを付けて700mmならほぼフルフレーム。今日は3機のうち1機フランカーが、離陸後に何らかのアクシデントがあったようで、DEMOに参加せず ちょっと残念だった。海上で燃料を投棄する姿が見えたが、普通に着陸したのは何より。

イメージ 4
今日も元気に ACE のDEMOに上がってくれた20周年記念の#01。随所でフレアをバンバン撒いてくれ、今朝日本から到着した ある人が、コレを見れただけでも来て良かった!との感想。
国内では 観艦式や US NAVY のフレンドシップクルーズの時くらいしかフレアを撒くDEMOは見られないもんね〜 あと2日間で フレアを撒く瞬間、バッチリ決めて帰ってネ!


イメージ 5
TEJASのデモもすこしずつ 評価を上げているワタシ。昨日会場からこのパスを見たら、きっちり背中に見えた! なるほど、メイン会場からの見栄えを計算したパスだったと 納得。

イメージ 6
インデネシア空軍のアクロチーム、JUPITER ソロ#5#6の交差。
4年前のLIMA'15 リハーサル中にこの演目で両機が接触する事故を起こして、2機墜落。開幕を待たずに本国へ引き上げてしまった苦い記憶が蘇る。

イメージ 7
国際トレードショーなので ロシアの Yak-130は、連日 生真面目にDEMOを見せる。彼等は本気でこの機体を誰か買って欲しいとアピールの場なんだもの。ちょっとメラって居るけど、離陸後即左旋回に入る姿。ロシアンナイツは、本日フライト無し。

イメージ 8
TUDMの Su-30MKM ソロデモ。何度も言うけれど このフランカーのDEMOを生で見るだけでもマレーシアまで来る価値は十分ある。
 

本日も 予報よりは良い空模様で、視程も良好だった LIMA'19 2日目。
パブリックデーになると只でさえ狭い会場(飛行場地区)の混雑が酷い事に成るので、空いている今のうちに会場内からしか撮れないカットを狙いに朝から出かけた。

イメージ 1
オープニングデーのDEMOだけに参加のS-61A-4は、スペア機も含めて3機が今朝離陸していった。
シーキング大好きなワタシは、今朝も間近で こんな姿が撮れて 幸せなスタート。

そして、フランカーも今朝2機が 帰投
イメージ 2
Su-30MKM  M52-14   TUDM   LGK R/W21    10:39  T



今回のLIMAで ある意味一番の見所はこのTUDM "ACE"  Su-30 x 3 + F/A-18 x 2の DEMOかもしれない
イメージ 3
全機複座のマルチロールファイターなので10人のエアクルーがウォークダウン
イメージ 4
空軍アクロチーム までとはいかないにせよ、かなり気合いの入った地上だし、キャップもお揃いで
TACTICAL  AIR  DISPLAY の文字まで入っている!

イメージ 5
そしてSu-30のクルーチーフにはノリノリの 踊るチーフが数名居るし

イメージ 6
ACE #4 #5 のF/A-18D 2機がミラーイメージフォーメション(バックトゥ バック)を見せつつフレアまで撒く。会場の外からリハーサルを何度か撮影したが、こんなに奇麗に重なってるとは。。。外野からは判らない事も色々あるのネ〜

イメージ 7
コレも柵の外からだと距離感が近過ぎてこんな風には撮れず。。。このあとSu-30両機がブレイクして、別のSu-30が同じコースをクライム、更にF/A-18Dも同様に続いて ACE の演技はフィナーレ。

イメージ 8
タキシーバックも整然とした並びで決めていた。右端に写り込む本家ロシアンナイツのグラウンドクルーの一人が手を上げて 彼等の演技を讃えているのが判った。
イメージ 9
目の前までタキシーして来て、この後 5機が前方の視界を塞ぐ時間帯となり、狙いの別機が撮れない事態にもなった。カッコいいけど マイナスな面もある 諸刃の刃。


違う意味で 注目しているTEJAS
イメージ 10
どことなく 2世代くらい前の飛行機かい?という印象が拭えない

イメージ 11
南国風の樹木が入ってランカウイっぽい絵になったが、カゲロウが厳しかった。

イメージ 12
初めて このYak-130の正面型を撮ったが、ユニークなシルエット


イメージ 13
LIMAへ来たらこのカットを撮らずには居られない

イメージ 14
AW139  9M-PMC  POLIS  DIRAJA  MALAYSIA

イメージ 15
A319-115(CJ)   9M-NAA    今日の午後上がったこのA319には、国王が乗っていたようだ。


このページのトップヘ