飛行機好きの " つぶやき"

2019年05月

イメージ 1
F/A-18D  SH #03/164026  VMFAT-101 / MAG-11 / 3rd MAW
KNJK  R/W08    16  MAR  2018 

USMCのFRS( Fleet Replacement Squadron) VMFAT-101 所属 ブルー/グレイ迷彩に身を包んでいるSH #03。転換訓練飛行隊の中にも こうした迷彩機を少数機持ち 隊内で 仮想敵役を演じているようだ。

5月18日(土)19時過ぎ 岩国経由で NAF Atsugi へ展開し 大統領の移動支援に当たっていた在韓米陸軍のCH-47F x 4機。任務を28日(火)午後には終えて 今朝9時5分〜10時14分の間に 全てシングルフライト、IFRで 経由地の岩国へ向けて離陸して行った。岩国から本日中に OSAN  ABへ向かう模様。

イメージ 1
09:05 最初に上がった 16-08210  R/W19で D-West からラインナップして上がった。

イメージ 2
2番目は 09:30 に 16-08475 がやはり D-Westから離陸。テイルランプから足が。。。

イメージ 3
3番手は今回一番撮影チャンスが少なかった16-08212が09:55 に やはり D-Westから離陸。
一番大事なシリアルの機体が、最も高い上がりとは トホホな結末。

イメージ 4
最後に上がった 16-08211 は 10:14 に離陸。

1、2機目までは まずまずの離陸だったけれど、3、4機目はちょいといただけない高さ。

これで 今回のTRUMP大統領関連機はミッション コンプリート。

昨日 午後 羽田空港から VC-25A  92-9000でトランプ大統領が 帰国の途に就き、 日本国内で空の足と成っていた VH-60N x 2機は、今朝10時過ぎに C-17A に再び搭載されて厚木を出発。アラスカ経由 本土へと空輸されて行った。在韓米陸軍 から支援に来ている CH-47F x 4機は、今日の所は NAF Atsugi にまだ留まっているようだ。

実働最終日となった28日(火) 海上自衛隊 横須賀基地のヘリポートに飛来した CH-47Fを2枚

イメージ 1
少し高い場所から ヘリコプターの動きを狙ってみたので、進入して来るコースに因っては 米海軍横須賀基地の艦船が背景に写り込んだりして  これもまた いつもとは違った味わい。

Nighthawk-3    16-08210  

イメージ 2
ヘリポートに着陸する前に 海の上で回転したので こんなアングル 海バックも撮れて 28日一番好条件での被写体となった。


サンダース報道官がツイッターにアップしたらしい Nighthawk 3 機内の様子を転載
イメージ 3

さすがはアメリカ人、皆様 陽気ですネ

来日していたトランプ大統領 滞在最終日の28日(火)は、午前中から 海上自衛隊 横須賀基地に停泊している 護衛艦 かが を視察。

大統領空の足を務める VH-60Nは 午前9時半頃 NAF Atsugi を離陸し、港区の Hardy Barracks ヘリポートで 大統領をピックアップ。Nighthawkから Marine One に コールを変更して 離陸。
横須賀の かがに 午前 10:29 着艦した。

現職のアメリカ大統領が海上自衛隊の艦船を訪れたのは、今回が初めてということなので、Marine Oneが海自の船に着艦したのも史上初という事だ。

イメージ 1
VH-60N  163263   HMX-1  Executive Flight Detachment   

横須賀上空に姿を現し、バックアップ機 VH-60N  163259 に続いて かが にアプローチする Marine One。今回の日本滞在中は、163259が常にバックアップ、163263が 大統領を乗せ Marine One としてフライトを実施した。

イメージ 2
安倍首相と供に艦内でスピーチを終えて、次の目的地 対岸の米軍エリア 12号バースに停泊する
USS  WASP へ向けて かが を11:02に発艦する Marine One  163263。
イメージ 3



イメージ 4
お客様のトランプ大統領 御一行が去った後、かがを離れる安倍首相を乗せた EC225LP  JG-1021。



この後、帰路の途中 地元の NAF  Atsugiへ寄り 今回のミッションを無事終えて 出先のHomeへ戻って来る Nighthawk を待った。
イメージ 5
CH-47F  16-08212   在韓米陸軍  RJTA  R/W19   12:51 L

18日(土)に飛来して以来 ずっと飛行していなかった16-08212が 、今日は Nighthawk08で3番機としてフライト。これで 飛来したCH-47F 全4機の撮影ができた。

そして 13:51 に C-17A   05-5142  719AS/452 AMW   AFRC  が厚木に飛来したので、VH-60Nは明日にも空輸されてクアンティコへ戻って行くだろう。

来日中のトランプ大統領の移動支援任務に当たっている在韓米軍のCH-47Fは、4機が NAF Atsugiに展開し、VH-60N x 2機 の後を追う形で 3機が8時前に厚木から離陸。26日(日)は そのうち Nighthawk3(16-08210)と Nighthawk4(16-08211)の2機が Hardy barracksに 午前・午後の2回飛来して SS 他随行・関係者の輸送を行った。

イメージ 1
08:37 に一回目の飛来 16-08211。22日(水)のルートチェック時と同様にヘリパッド上空迄来てある程度の高度を保ったままで180ターン。朝の部で唯一光が回った。その他トップライトばかり。


午後の部は 六本木ヒルズ52F展望台からの俯瞰

イメージ 2
16-08210  目線よりも低高度を飛んで来る 非日常的なアングル、大都会上空を飛行する軍用ヘリコプターをこんな風に撮れるチャンスは滅多に得られない。

イメージ 3
ファイナルに近づき 青山墓地上空に差しかかった 16-08210。

イメージ 4
ヘリパッド上に来てゆっくり180ターンする Nighthawk3  16-08210 

イメージ 5
お客を降ろして 厚木へ向けて飛び去る 16-08210

イメージ 6
Nighthawk4  16-08211 は午後も 高度を保ったままで180ターン開始し 方向転換してから最終降下。
リード機とは向きが異なっているでしょ?

イメージ 7
少しタッチダウンのヘディングが異なっていた感じで、墓地から離陸を狙った人達には光が回らなかったのは、コレを見てもらえばガッテンできるでしょう!


明日は 曇り強風予報になってしまったので、横須賀へ ヘリで移動可能なのか。。。

このページのトップヘ